■高精度測位社会プロジェクトとは 世界に先駆けて高精度な測位環境を実現し、外国人や高齢者をはじめ誰もがストレスを感じることなくオリンピック・パラリンピックを楽しむためのきめ細かなおもてなしサービスを実現することを目指す国土交通省のプロジェクトです。
このページでは、高精度測位社会プロジェクトが取り組む事業のうち、実証実験とアイデアソン・ハッカソンの2つの事業を紹介します。

■2014年度の取り組み

■2015年度の取り組み

■2016年度の取り組み

■実証実験 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催時に、高精度な測位環境を活用した様々なサービスが実現できることを目指し、現行技術で可能なサービスの実証を行います。この実証実験は、屋内外シームレス測位サービス実証実験グループ構成員の協力の下、実証実験グループ事務局が行います。

■2014年度の取り組み

■2015年度の取り組み

■2015年度実証実験詳細

■2016年度の取り組み(準備中)

■アイデアソン・ハッカソン 将来の多様なサービス検討に向けて、夢のあるアイデアを創出することを目的に、アイデアソン・ハッカソンを開催します。 ■2015年度の取り組み

■2015年度アイデアソン、ハッカソン詳細

■2016年度の取り組み

■2016年度アイデアソン、ハッカソン詳細

プロジェクト全体スケジュール
2014年度
2015年度の東京駅周辺における、先行的な空間情報インフラの整備及び活用実証に向けた検討
2015年度
空間情報インフラを効率的・効果的に整備する手法や継続的に維持・更新する体制に関する検討
2016年度
屋内外の電子地図等を活用した屋内外シームレスなサービス実証の実施に関する検討
    国土交通省 国土政策局 国土情報課